M&Aにおけるタイミングの重要性を認識させた最速成約案件

CASE16

譲受企業には対象企業を数ヶ月前に紹介していましたが、タイミングが合わなかったのか話が進みませんでした。
数ヶ月後、別コンサルタントが当該対象企業を再度紹介すると、トントン拍子に話が進みました。
上記の事もあり、M&Aのような重要な案件に関するタイミングの重要性をつくづく感じました。
株価交渉の段階でも極めてスムーズに事が運び、両社面談から締結までが最速の成約案件でした。