特殊な会社分割スキームによるM&A案件

CASE15

対象企業オーナーは若くカリスマ性がありましたが早期リタイアを望んでおり、売却後は他業種への転向を希望しておりました。
対象企業の意向によりスキームが複雑化しましたが、弊社からのスキーム提案によりオーナーへの現金化と税務デメリットが回避できました。
特殊な会社分割スキームでしたので、譲渡後3ヶ月間は弊社がサポートした案件です。