上場を目指している譲受企業への株式譲渡

CASE19

対象企業の社長には後継者がおらず、創業者である自分に万が一のことがあった場合を危惧していました。
社長は譲渡後もその会社で働くことを希望していたため、譲渡先がどのような業態であるかが重要なポイントでした。
この対象企業は事業内容が複数に分かれており譲受企業探しは難しかったですが、粘り強く探し続けることで
対象企業オーナーの意向に沿う譲受企業を見つけることができました。
譲受企業は上場を目指している企業であることが対象企業オーナーに魅力的に映り、現在も協力し合い良好な関係を築いています。
上場準備については弊社がお手伝いさせていただいております。