内部統制システム基本方針

当社は、取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制並びにその他業務の適正を確保するために必要な体制(内部統制システム)を次のとおり整備いたします。

  • a) コンプライアンス体制の確立
    各取締役は、取締役会における意思決定について公正性・透明性・客観性を確保し、コーポレート・ガバナンスの充実を図りつつ、職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するため各分掌に従い、担当する部署の内部統制を整備し、必要な諸規則の制定及び周知徹底を図るとともに、「取締役会規程」を遵守いたします。
    事業活動全般にわたる内部監査については代表取締役社長に直属する「内部監査室」が実施します。
    役職員その他当社の業務に従事する者が不利益を受けることなく監査役、その他窓口に対して通報、相談できる窓口を内部通報処理規程にて設置し、内部統制の補完、強化を図ります。また監査役に対して報告を行った取締役及び使用人に対する不利益取扱を禁止する旨明記し、周知徹底いたします。
  • b) リスク管理体制の確立
    取締役会は、リスクマネジメント委員会を通じて、企業のリスクの発生に対して管理し管理体制の有効性について、定期的にレビューいたします。
  • c) 情報管理体制の確立
    取締役・執行役員の職務の執行に係る決定に関する記録は、情報管理規程等により、作成、保管するとともに監査役等の閲覧要請に備えます。
  • d) 効率的な業務執行体制の確立
    取締役会は、適正かつ効率的な職務の執行を確保するため、組織規程及び職務権限規程等による社内規程を整備することで、各役職者の権限及び責任の明確化を図ります。また、取締役会の監督機能の強化を図るとともに、業務管掌役員による機動的な業務執行を行います。
  • e) 監査役の監査支援体制の確立
    監査役は、取締役会、経営会議などの重要な会議に臨席し、取締役等からその職務の執行状況を聴取し、管理体制の有効性について、監査します。
    監査役は、職務遂行にあたり必要な場合は、監査室及び職能部署の所属員を補助者として起用することが出来ます。また内部監査室は、監査役との間で、各事業年度の内部監査計画の策定、内部監査結果等につき、密接な情報交換及び連携を図ります。
    監査役がその職務にかかる費用の前払い等の請求をしたときは、担当部署において確認のうえ、速やかに当該費用または債務を処理いたします。


制定日:2021年7月1日
株式会社たすきコンサルティング
代表取締役 森田 修